2014年01月24日

さくらんぼの樹の剪定作業

チョット早目ですが、さくらんぼの樹の剪定作業を開始しました。
桜切るバカといいますが・・大きくて美味しいさくらんぼを実らせるには、剪定が肝心です。
sakuranoki1.jpg
剪定後のさくらんぼの樹です。
sakuranoki3.jpg
樹内が暗くなったり、樹のバランスが悪くなる枝は冬季剪定と夏期剪定で切除しますsakuranoki5.jpg
樹の勢いがいいと、2・3年で写真のように融合されます
sakuranoki2.jpgsakuranoki6.jpgsakuranoki7.jpg
このように、パイプや石を使って枝を下げないと桜の樹(そめいよしの)のようにホウキ状になってしまい、さくらんぼの実る所が上部になってしまうので、剪定と合わせて誘引します。
よって、低い所にもさくらんぼの実を成らすことが出来ます
寒さとの戦いですが・・・頑張って作業しております






posted by みやちゃん at 22:11| 山梨 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック